包茎の種類について

包茎の種類と特徴(真性包茎、仮性包茎、カントン包茎)

まず、真性包茎とは男性器の亀頭部分まで皮で覆われているものです。そため、男性器の発育が障害されたり、皮をむいて洗うことができないため、性交障害の原因になるなどがあります。そして、仮性包茎とは普段は男性器が皮で覆われており、勃起したときに簡単に剥けるようになっています。日本人の大半が仮性包茎で炎症をおこしてしまうことなどがあり、日ごろから皮を剥いて恥垢を洗い落す必要がありますが治療の必要性はないとされています。カントン包茎とは、亀頭の根元が包皮で締め付けられており、血液循環が障害されてしまいます。包皮を無理に剥くと亀頭にうっ血や浮腫をおこしてしまうなど、皮膚がただれ、痛みを伴うことなどがあり、治療の必要があります。

包茎治療について、その必要性

最近では包茎治療をよく聞きますが、入浴が困難な中近東などの乾燥地帯では衛生面からも合理的であったと考えられています。真性包茎は病院の泌尿器科に行けば保険が適応されるので、2万から5万程度で治療が可能です。カントン包茎は保険が適応されますが、まず医師が診察した上で保険適用され手術するかどうかを判断するケースが多い様です。 包茎専門のクリニックで自由診療する人もおり、手術時間の短縮や男性器の仕上がりが美しいなどのメリットがありますが、費用がとてもかかります。そして、第二次成長期を迎えた中学生くらいの仮性包茎の男性には治療が適応されないとが考えられており、成人くらいの包茎の手術の適応は考えられています。

陰茎は包皮という皮があり、亀頭が包皮に覆われている陰茎を包茎と呼びます。真性包茎とは、平常時、勃起時にかかわらず手を使っても包皮をむくことができない陰茎のことを表します。